【オンライン企画「TAIWAN考古学セミナー・シリーズ《台湾考古学の新視点》」のお知らせ】

 
東南アジア考古学会では本年度のオンライン企画「TAIWAN考古学セミナー・シリーズ《台湾考古学の新視点》」を2022年10月から2023年3月まで6か月間にわたり開催いたします。
 
21世紀に入り台湾考古学は他のアジア地域と同様に大きく変化しています。今回のシリーズでは最新の研究成果をもとにその概要をみなさまにお届けします。また、6名の講演者の方々は全員日本に留学経験のある方ばかりで、講演もすべて日本語でおこなわれます。
 
学会員の方だけでなく一般の方もご参加になれますので、台湾に関心のある方もお誘い合わせのうえ、この機会にぜひご参加下さい。
 
詳細は下記およびページ下部のチラシをご覧ください。お待ちしています。
 
 
東南アジア考古学会2022年度特別企画:
「TAIWAN考古学セミナー・シリーズ《台湾考古学の新視点》」
 
期間:2022年10月~2023年3月(毎月1回開催)
場所:オンライン ※講演は原則として日本語でおこなわれます。
対象者:学会員および一般向け
参加費:無料(オンライン機器、接続料等はご負担ください)
内容:回(年月)講師(所属):キーワード
 第1回(2022年10月)陳有貝(国立台湾大学人類学系):台湾考古学/原住民の歴史
 第2回(2022年11月)李作婷(国立自然科学博物館):植物考古学
 第3回(2022年12月)郭素秋(中央研究院歴史語言研究所):農村社会/植物園遺跡
 第4回(2023年1月)邱鴻霖(国立清華大学人類学研究所):鵝鑾鼻第一遺跡/先史貝製品ワークショップ
 第5回(2023年2月)盧柔君(国立台湾大学人類学系):歴史考古学/陶磁器研究
 第6回(2023年3月)交渉中:近現代考古学
 
申し込み方法:事前登録制です。下記のGoogleフォームに必要事項を記入し送信ください。後ほどオンライン参加情報をお送りします。
https://forms.gle/74wEqPGw4Rtom7TPA
 


チラシのダウンロードはこちら