会誌『東南アジア考古学』への投稿について

 
『東南アジア考古学』42号(2022年度)掲載原稿募集のお知らせ(2022年6月15日更新)

執筆者の皆様におかれましては、執筆要項に沿って原稿の作成をお願いいたします。また、原稿提出締め切り日の厳守にもご協力をお願いいたします。紙幅の都合上、要項に沿っていない原稿や締め切りを過ぎてからのご提出は来年度の掲載となる場合がございます。
 
2022年度会誌『東南アジア考古学』第42号に掲載する論文・研究ノート・研究展望・調査速報・書評/紹介を募集いたします。

投稿をご希望の方は、2022年7月15日(金)までに学会誌編集委員会 [ editors.jssaa@gmail.com ]まで、ご氏名、ご連絡先、執筆区分、題目(仮題可)、要旨(短めでも可)等を添えてお申し込みください。折り返し、申し込み受理のご連絡を差し上げます。
 
なお、今年度の原稿の締め切りは、2022年8月15日(月)を予定しております。詳しくは下記の刊行スケジュールをご確認ください。
 
投稿にあたりましては、投稿規定執筆要項査読規定著作権規定を必ずご確認ください(2022年度に、投稿規定と執筆要綱の一部を改訂いたしましたのでご注意ください)。

また、原稿の執筆におきましては、以下のテンプレート(Wordファイル)をダウンロードの上、こちらのファイルに上書きする形でご執筆いただけますと、執筆要項に即した記載が可能となっております。
 
原稿テンプレート:
日本語版ダウンロード / 英語版ダウンロード

それでは会員の皆様の活発なご投稿、お待ちしております。

【2022年度の刊行スケジュール】

2022年6月16日(木):募集のお知らせ開始
7月15日(金):エントリー〆切
8月15日(月):本投稿原稿〆切
<編集委員らによるデータと査読依頼前の内容確認>
8月中旬~:査読依頼
9月中旬~下旬:査読結果通知、修正
10月末:入稿
11月初旬:初校、校正(執筆者校正は原則初校のみです)
12月初旬:二校、校正
12月下旬:三校
2023年1月初旬~中旬:編集委員による最終チェック、校了
1月末:刊行


会誌『東南アジア考古学』 

東南アジア考古学会では、年1回、会誌を刊行し、会員に配布しております。また、非会員の方も購入することができます。2007年以前は、例年5月から6月頃に刊行しておりましたが、2008年度から秋に刊行することになりました。会員のみなさまにはご理解のほどお願い申し上げます。
※1981~1994年までは『東南アジア考古学会会報』として刊行しておりました。
『東南アジア考古学』総目録2015ver.pdf


『東南アジア考古学会研究報告』

『東南アジア考古学会研究報告』は、東南アジア考古学会大会の研究発表のために作成している研究報告集です。会員には配布しておりませんので、ご購入ください。

  • 研究報告1号『東南アジア産陶磁器の生産地をめぐる諸問題-主に日本出土陶磁器の生産地を中心に-』
  • 研究報告2号『島嶼地域の諸相』
  • 研究報告3号『東南アジアの都市と都城』I
  • 研究報告4号『東南アジアの都市と都城』II
  • 研究報告5号『東南アジアの都市と都城』III
  • 研究報告6号『東南アジアの生活と文化 住まいと瓦』
  • 研究報告7号『東南アジアの生活と文化 塩の生産と流通』
  • 研究報告8号『東南アジアの生活と文化 飾る・祈る・標す : 南海の装身具』

在庫の購入について

在庫がある号は、六一書房に委託して販売しておりますので、お問い合わせください。そのほかのお問い合わせは、学会事務局までお願いいたします。 
郵便振替口座  01390-1-111370  東南アジア考古学会
ゆうちょ銀行  一三九(イチサンキユウ)店 当座 0111370 東南アジア考古学会(トウナンアジアコウコガッカイ)