2022年度東南アジア考古学会研究大会プログラム

 
日時:2022年12月4日(日)10:00~17:10(開場9:30)
テーマ:「東南アジアの博物館と人材教育:考古学の視点から」
開催方式:Zoomによるオンライン開催
大会委員長:菊池百里子(東京大学)
※本研究大会はりそなアジア・オセアニア財団国際学術交流助成を受けて実施いたします。
 
 
開催趣旨
 
 今年度の東南アジア考古学会のテーマは「東南アジアの博物館:考古学の視点から」となりました。私たちは東南アジア各地の博物館を訪問することを調査研究の出発点とすることがあります。または、博物館と共同で調査研究を進める場合もあります。その過程で、日本とは異なる博物館の制度、展示の手法、資料の扱いなどに戸惑う場面も経験してきました。一方で、世界的に博物館学が発展するなかで、私たちの興味関心が東南アジアの博物館自体へと向くようになっています。
 
 今年3月に刊行された『アジアの博物館と人材教育―東南アジアと日中韓の現状と展望―』(雄山閣)は、長年にわたってアジア諸地域の博物館と関わってきた日本の研究者が、人材教育を中心テーマにすえ、個々の経験に培われた多様な視点から博物館を考察した論集となりました。そこでみえてきたものは、アジア各国の独自の歴史と社会が育んできた博物館の姿であり、近代西欧で発達した博物館とは別個の価値観と役割です。
 
 そこで今年度の研究大会では、上記の論集のテーマをさらに深く掘り下げます。論集では取り上げられなかった島嶼部のフィリピンとインドネシアについて、フィリピンからは国立博物館の研究者を招き、インドネシアについては長年現地の考古学調査に携わってきた学会員から台湾との比較をふまえ、それぞれ事例研究を含む発表をしていただきます。タイとカンボジアについては論集の著者自身である学会員が報告を行います。ベトナムについては国家文化遺産審議会のメンバーである研究者を招き、その立場から議論をしていただきます。さらに日本の博物館人材教育についても、東南アジア各国の状況を念頭に置きながら、日本の大学で学芸員養成課程を担当する学会員に報告していただきます。
 
 各国の考古学と関連する博物館はどのような理念のもと、どのような人材によって運営されているのか。その人材はどのように養成されているのか。彼らが行う事業の目的は何か。国によって事情が異なり、様々な論点が出てくることと思います。それらの論点と課題を整理し、私たちが東南アジアの博物館について理解を深める場としての研究大会にしたいと考えます。
 
 
プログラム
 
【午前の部】
 
開会挨拶 10:00-10:10
 
招待講演1 10:10-11:10
「フィールドワーカーからキュレーターまで:フィリピン国立博物館考古学部で働く」
From Fieldworkers to Curators: Working at the National Museum of the Philippines-Archaeology Division.
(英語発表・逐語通訳)
Mary Jane Louise A. BOLUNIA(フィリピン国立博物館)
 
 休憩 11:10-11:15
 
招待講演2 11:15-12:15
「ベトナムの博物館制度と体系、考古学との研究連携」
Vietnamese Museums: Structural System and Research Collaboration with Archaeology.
(ベトナム語発表・逐語通訳)
BUI Chi Hoang(国家文化遺産審議会委員・元南部社会科学院副院長)
 
 昼休憩 12:15-13:10
 
【午後の部(前半)】(日本語発表)
 
13:10-13:20  東南アジア考古学会奨励賞報告・受賞式(予定)
 
発表1 13:20-14:00
「日本型キュレーターの目指す方向性と課題:東南アジアと日本の博物館の比較をふまえて」
Directions and Challenges for Japanese-style Curators: Based on a Comparison of Museums in Southeast Asia and Japan.
徳澤啓一 TOKUSAWA Keiichi(岡山理科大学)
 
発表2 14:00-14:40
カンボジアの博物館人材養成と大学カリキュラム」
Museum Professional Development and University Curriculum in Cambodia.
丸井雅子 MARUI Masako(上智大学)
 
 休憩 14:40-14:50
 
【午後の部(後半)】(日本語発表)
 
発表3 14:50-15:30
「タイの博物館と学芸員国立博物館の学芸員制度と大学における人材育成
Museums and Curators in Thailand: Curatorial System of National Museums and Human Resource Development at Universities.
白石華子 SHIRAISHI Hanako(京都大学)
 
発表4 15:30-16:10
巨大博物館の影響力:インドネシアと台湾の比較
The Influence of Mega Museum - Comparison of Indonesia and Taiwan.
坂井隆 SAKAI Takashi(前国立台湾大学)
 
 休憩 16:10-16:25
 
総合討論 16:25-17:05
 
閉会挨拶 17:05-17:10
 
 
参加登録はこちらから(開催直前まで登録可):
https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZwofuutrT0sEtS3vNKA56RSZE08Fg4JUlGM
※登録いただいたメールアドレスに参加のためのZoomリンクを自動返信メールでお送りします。メールが届かなかった場合はご入力されたメールアドレスが間違っている可能性がありますので、再度参加登録フォームからお申込み下さい。あるいは、東南アジア考古学会事務局<jssaa@jssaa.jp>までご連絡をお願いいたします。(@を半角英数にしてご連絡ください)
 
講演・発表要旨のダウンロードはこちらから
2022年度東南アジア考古学会研究大会_講演・発表要旨.pdf